横浜|緑区|十日市場のピアノ教室なら音楽教室【プレリュード】

色々な芸術、職人さんの仕事などにおいて、「真似る」ことは進歩するための一つの要素かと思っています。

ピアノでも先生の真似をしてみる・・・先生も偉大な音楽家を参考にするというような・・・

物まねが上手いことは、上達することと無縁ではないような気がしています。

実はこれからは硬い話でなく、物まねにこじつけた私の忘れられない思い出話です。

美川憲一さんのツアーをしていた頃、たまにコロッケさんとジョイントコンサートがありました。

コロッケさんは本当に素晴らしく、舞台袖から見るロボット五木は何度見ても大迫力で凄みがあり、しかも面白かったし、舞台の上から見ている天使の羽をつけた淡谷のり子さんの物まねも大好きでした。

そんなジョイントの中で、突然バンドのメンバーが大爆笑し、美川さんも話せなくなるほど大笑いの場面が何回かありました。

私は全く意味分からず??(多分お客さんも・・・) 実はコロッケさんは私には見えないように、メンバーに向かって私の顔真似をしていたのです!

コロッケさんの顔真似ですもの、さぞかし私の顔は凄いことになっていたことでしょう(笑)

とても楽しいことやサプライズが大好きな方で、その時もメンバーに大受け、意味分からなくてキョトンとしていたのは私だけでした。

コロッケさんは舞台に上がっているミュージシャンまで楽しませたいという気持ちがあるのでしょう。

根っからのエンターテイナーですね!

今になって思うと、あのコロッケさんが有名人でもない私の顔真似をしてくれた!これってちょっとすごい!宝物のような思い出ではないかと思ったりするのです。